「それでもジャーナリストは戦場に立つ」

タイトルの通り、なんであんな危険なところにいって、取材するのだろうかとずっと思っていた。

というか、いまも思っている。


山本美香さんのあのショッキングな映像から、もう一年近くが経つ。
この番組を視て再びそのときの感情が湧きあがってきた。

感情の強さというのは、恐怖をも吹き飛ばす。

激情といってもいいが、激情が激情で終わるのではなく、コントロールしているところに敬服する。

当時、一部のひとたちが彼女に批判的なことをいっていたが、彼らがどんな言葉で語ろうと、やはり受け入れられるものではないと改めて思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://happyhiro.com/wp4diary/tv/journalist_standing_battlefield.html/trackback