Amazonの領収書から住所を削除する方法

Amazonの領収書には住所が記載されている。
自分の住所が記載された領収書を社内とはいえ、部署間跨いで社員に次々と回されるのが嫌で住所を削除してから提出する。

Google ChromeのDev Toolsを使えば、HTML要素がどの部分を表示しているか視覚的に分かるので便利だ。

画面を見ながら住所部分を削除し、宛名に会社名を追記する。
最後に、印刷で「Microsoft Print to PDF」を指定し、PDFファイルで保存。

精算に必要な情報は編集も、削除もしていない。
だから、これでいいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://happyhiro.com/wp4diary/software/rm-address-from-amazon-receipt.html/trackback