夜会工場VOL..1@赤坂ACTシアター

会社は早めに切り上げて、赤坂へ。

近くのタリーズで時間を潰し、(いつものとおり?)CoCo壱カレーで腹ごしらえしてACTシアターに向かう。

夜会では毎回大きな看板が正面に揚がっていたが、夜会工場はなかった。





入口前では長い行列が階段の下へ、そしてまた上に蜷局を巻いて延びていた。
階段を上がったり、降りたりするのが面倒なのでひとが掃けるのを待つ。

入口ではあいかわらず形式的カメラチェック。「携帯TELはいいんかぃ?」と頭の中で突っ込みを入れながら、会場に入る。(だいたい鞄開けてみせてもろくに見やしないし)

会場に入ってからも、グッズを買い求めるファンでいっぱい。しかもまた階段の下まで延びていた。仕方ないので、階段の下に並ぶ。

目的のバンダナ(\1,500)とパンフ(\3,000)を購入。





夜会のテーマ「二雙の舟」のインストロメンタルからはじまる夜会工場はいままでの「夜会」のメドレー。

衣装と舞台がかつての「夜会」を思い出させる。もしかしたら、「夜会」しらないひとだと何だこりゃ、ということになるかも。「時代」、「ファイト!」、「地上の星」などの有名どころはないので残念がるひともいたかもしれないが、それはそれでいいとおもう。なんたって「夜会」工場なんだから。

休憩時間なしの2時間。過去の楽曲に照らし合わせながら思い出す。「夜会」のこともその当時のことも。

一曲「産声」という新作があった。

夜会が始まってからもう24年経った。

まだ、学生だったころに高速バスで来たこともあったな。

Vol.1なのでこの「夜会工場」は継続しそうだけど、正直言うと、そろろろ「夜会」の新作がみてみたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://happyhiro.com/wp4diary/live/yakai-kojo_vol1.html/trackback