マンションに付属する余計なインターネット(シーファイブの例)

マンションに付属するインターネット回線+プロバイダーのサービス。

売り出し文句としては、「管理費に組み込まれて割安」などとよくある。
(うちのマンションもそう。)

実際、つかってみると

まさに「安かろう、悪かろう」

だった。

メールの受信が頻繁に失敗するので、ずっとクレームをつけているが、いっこうに改善されない。
メールサーバの再起動で対応がずっと続いている。挙げ句の果てには重複メールがくるなど不安定な状態になっている。

マンションのKDDIの回線工事が終わったらしいので、auひかりに切り替えようかと思ったが、 マンション付属のサービス(シーファイブ)を使わなくなったからといって、安くなるわけじゃない。管理費からマンションが一括して支払っているからだ。

auひかりを別途個人契約するしかないのだ。それには別途5,985円/月の余計な出費が発生してしまうことになる。

年間120万円以上も支払って、品質の悪い中途半端なサービスを提供されても、迷惑そのもの。ほんとにマンション付属のインターネットは、ろくでもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://happyhiro.com/wp4diary/daily/mansion_internet_env.html/trackback