「多崎つくる」について

「羊をめぐる冒険」に戻ったようにもみえるし、もっと前の「風の歌を聴け」の雰囲気にも似ている。

2つ年上の女性は、ユミヨシさんや「月へ帰りなさい」といった女性を思い出す。

分かったのは、

結局、俺は「多崎つくる」よりも孤独だということ。


でも、孤独だけど淋しくないなんて、あるんだろうか?

いままでの作品のようにシュールさがあまりないけど、最後まで一気に読ませる力は、やはり、凄いと思う。難読症気味の俺でも、2日で読めた。

もう一回、よんでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://happyhiro.com/wp4diary/daily/about_tazaki_tsukuru.html/trackback