自宅のホワイトボードはほぼ宇多田ヒカル

自宅のホワイトボードはほぼ宇多田ヒカルになった。






(無題)

自分の能力の無さを認識しながら、どうやって自信をもてるのか?

たぶん、その鈍感さと根拠のない自信みたいなものを備えていない性格だと永遠に無理なのだろう。

そもそも諸悪の根源は、ひとと比べることだな。

自信があろうが、なかろうが、自分の道理で生きることだけ。それだけだな。

仕事関係で休日に電話するハードル、低く過ぎないか?!

緊急でもないことで休日に電話掛けてくんじゃねーよ!
もう、二度と休日には仕事電話でないぞ!

HIKARU UTADA EXHIBITION 2021-2022 in Sony Store

宇多田ヒカルのニューアルバム「BADモード」の発売記念イベントに行ってきた。
「PINK BLOOD」EXHIBITIONのときはGinza Sony Parkだったが今回はそこから数百メートル先にあるSony Store。

フロアーの一角にMV撮影時の衣装が2着展示され、映像が流れていた。近くにはハイレゾとアナログレコードの音が比較できる場所があったが先着者が余りにも長く聴いていたので、比較することなくアナログレコードの音だけ聴いて帰った。








レコードからCDに変わって久しく、持っていたレコードは手元に一枚もない。かつて持っていた大型のステレオセットには当たり前のようにターンテーブルが付いていたが、それももう跡形もない。

当時はCDの音はアナログレコードよりいいということになっていたが、今日日の評価と真逆だ。CDは音が悪く、アナログは深みのあるいい音がする、とか。
確かに当時からずっとそう感じていた。CDはデジタルで決められた帯域を飛び飛びの値に変換してるから原理を考えれば当たり前の話なのだが。。。

CDはノイズが少ないが、アナログレコードより音は悪いといいうのが正確なところだろう。

ハイレゾもデジタルだがCDと比べて圧倒的に情報量が多いからアナログレコードと比べる意味があるのだろう。結局、比べられなかったわけだが。。。

「HIKARU UTADA LIVE SESSIONS FROM AIR STUDIOS」

宇多田ヒカルのライブ配信を視聴。





迫力のあるサウンドで観たかったのでFireTVのブラウザーアプリ「internet」から配信サイトにアクセスして視聴したのがまずかった。
画像がかなり粗かった。HD動画を強制的に設定すると途切れるので仕方なくautoにして視聴を続けた。

U-NEXTでもチケット売ってたけど、そっちは映像は大丈夫だったのだろうか?

今回は生ライブではなく、予め収録された動画の配信。

会場は有名なスタジオらしい。
宇多田ヒカル含めメンバーがスタジオに入るところから始める。

知ってる曲も、新曲も。
「Beatiful Wold」のエヴァ版の歌ってる姿が観れたのはうれしかった。

今月から来月にかけて、新アルバムの配信、CDリリース、彼女自身が曲について語るLinie Voice、銀座のEXHIBITIONも新しい展示が加わるなど立て続けにイベントがある。

Linier VoiceはSpotifyだけでロングバージョンを配信しているので有料のプレミアム会員に登録した。

あとでPCから視聴したら映像がめちゃ綺麗だった。最初からPCで観ておけばよかったと後悔。
5日間配信は続くので早速キャプチャボード経由で録画してiTunesに取り込んだ。これでいつでも視聴できる。

ロジクール「MX Keys Mini」の秀逸さ

「キーボードをめぐる冒険」はDELLのKM-717で決着がついたかと思ったが、数年来つかってみると若干の不満があった。

・PrintScreenはFnキーと同時に押す必要がある
・テンキーが不要

の2点だ。あとは、キータッチもストロークも打鍵音も申し分ない。

コロナ禍で仕事環境が変わり、ほぼリモートワークになり会社のPCが自宅の机の上を占有しはじめてから窮屈な感じが否めなかった。

やはりテンキーは不要だな。。。と。

そこで目に留まったのがロジクールのMX Keys Mini。 ロジクールの高級キーボードのタッチは以前KX1000sを使ったことがあったのである程度想像できた。
デザインもなかなかいい感じだ。

かつて、KX1000sをたった数日間だけ使用してヤフオクで売り払ったのは、誰も指摘していないのだがキーピッチがノーマルのキーボードから微妙にずれていたからだった。 何故このキーボードは打ち間違えばかりするんだろうと最初はよく分からなかったが、ピッチが違うのが後から分かった。カタログにも書いていないし、誰もレビューで指摘していないのが不思議だった。

このMX Keys Miniで気になったのはピッチが標準かどうかというところだったが、ロジクールのサイトでじっくりキーボードの写真を目視する限り問題なかったので購入!

使用してまだ2日目だが、キータッチや重量感や高級感はKX1000sを継承していて秀逸。音も静か。机の上もテンキーがない分、広く使えていい。

一点、不満をいえば、やはりPrintScreenキーがないことだ。(なぜ、キーボードメーカーはPrintScreenキーを邪見にするのだろうか?)
できることならHomeキーとEndキーも欲しかった。。。

まぁ、日本語キーボードには使いもしないキーがいくつかあるので、「Change Key」というツールでキーを再割り当てして使っている。
まず、使うことがない「右ALT」、「変換」、「カタカナ/ひらがな」の3つのキーをそれぞれ「PrintScreen」、「Home」、「End」に割り当てた。
#なぜだか「変換」キーに「PrintScreen」を割り当てると、フォーカスをもっているアプリによってはうまく機能しなかった。

同じツールをつかって、おきまりのCapsLockキーをCRTLキーに置き換える。
#ほんとCapsLockみたいな全く使わないだけでなく、誤タッチで害になるようなキーがホームポジションから打ちやすい位置に配置されているのには呆れてしまう。。。