2016年1月

「元禄港歌」@シアターコクーン

2日連チャンのお出かけ。

蜷川さんは「海辺のカフカ」に引き続き今回の「元禄港歌」。宮沢りえさんがすっかり好きになったので、引き続き。。。

最初に思ったのは、舞台が綺麗!

ボタンがポタポタと落ちる、おちる。。。誰か落としてるひといるんだろうな。

正直あまり、相性はよくなかったな、泥沼劇w
望遠鏡をもっていったけど、この広さの会場なら必要ないね。

13,500円のチケットは正直安くない。舞台がこれだけ豪華だと納得か。





中島みゆきコンサート「一会」@東京国際フォーラム

平日のチケットしか取れなかったのでなんだかんだ言い訳して、定時前に上がる(^_^;)

今回のコンサートはツアーではなく、東京と大阪公演のみ(というのをみゆきさんが言っててはじめて気づいた)。どおりで抽選に何回も外れ、なかなか取れなかった訳だ。仕事を放り出さないわけはない。(^_^)v

18時頃会場についたが、グッズ販売のところでは既に長蛇の列。
今回はパンフレットとお猪口を購入

パンフレット(3,200円)。
 アンコール以外の曲リストが掲載されているので観る前に購入した方は注意。


 お猪口(3,500円)





開演すると舞台には桟橋があり「もう桟橋に灯りは点らない」から始まる。

2階席の後ろのほうだったので、
みゆきさんがちっさい。。。。かなりちっさい。。。持って行った望遠鏡でみてなんとか表情が分かるくらいだ。

今回のコンサートは去年リリースされた新しいアルバム「組曲(Suite)」のお披露目的なものかと思っていたが、実際はこのアルバムからは3曲のみ。

その中の一曲「ライカM4」では歌う前にみゆきさんがこの曲のことを語っていた。みゆきさん自ら歌について話すのは珍しい。

そのエピソードを聞く前は正直よく分からなかったけど、聞いたあとではハッキリ、クッキリ! なるほどぉ~、そういうことかと。それくらいこの歌をイメージするのに必要なメッセージだったと思う。


みゆきさんはコンサートでいくつかの曲をCDとは全然違う歌い方をするときがある。
今回とくに印象に残ったのは「友情」。ファンになって34年くらいだが、その前に発表された曲だからCDじゃなくてレコードだ(^^;)

後ろの席に中学生くらいの子供を連れた親子がいた。みゆきさんのコンサートではよく見かける光景だ。中学生と言えば俺が最初に「友情」を聴いた頃だ。歌い方といい、詩の内容といい、さぞかし衝撃だったに違いない。


今回のコンサートでは黒子さんが出てきて早き替えするシーンが多く、これも見物。
Why & No」。新作アルバム「組曲(Suite)」の中ではとくにライブで聴きたいと思っていた曲だったのでうれしい。

バックライトがシースルーの衣装を通して細いみゆきさん脚が綺麗にみえた。。。あんな華奢な身体に溢れんばかりのエネルギー。メチャかっこよかった。つくづくもっと前の席でみたいと思った。