「メトロポリス」@シアターコクーン

3月以来の久々の舞台。

渋谷に行く途中にちょうど会社があるので、立ち寄って3,4時間仕事してから、渋谷に向かう。(これで欠勤帳消しになる。いいことだ。)

30分前の開場と同時に席につく。入口からずっとチェックしてたがこの舞台のポスターがいちまいも張っていない。
予定公演時間とキャストなどのチラシが置いてあるだけだ。ので写真はブログになし。

正直、めっちゃ意味わからなかった。
なにが伝えたいのかすら、意味不明。
原作読んでたらわかる?

どうでもいいけど、ずっとイライラ。。。。
おまけに、隣の着物きたひとが、すっごく臭い匂い漂わせえていて、吐き気がして、頭も痛くなる始末。

松たか子は好きでよく観に行くけど、今回は後悔。まぁ、こういうのもあるか。

CD「一会」、BD「一会」、ベストCD「前途」、CD「歌縁」届く。

昨夜予約したCD、BDが発売日の今日届く。
便利な世の中だ、まったく。
あぁ、日付替わって昨日か。

いまは「前途」を聴いてるところ。
ライナーノーツはよかったね。
みゆきさんがコンサートでMCで語るようなことを綴っていた。
「常夜灯」はとくに本人が語らない限りわからないから。なるほどそういうことか。ってね。
彼女の小説「女歌」に出てきた「エレーン」みたいに。

ちなみに「倒木」は「東北」じゃなかったらしい。
というか「東北」のこともいっているってことかな。

今日は誕生日。誰にも祝われることもないし、とりあえず1日休んでゆっくり過ごそう。

「永い言い訳」

船橋のららぽの映画館で。

と書いてるのは1か月以上経った、いまは11月18日。
よかったけど、いままでの作品と比べて1番かといえばそうでないか。
好みもあるし、みる時にによってかわるけど。

主人公がすごく普通にみえた。
というか、普通以上だろ。おれにとっちゃ。
それだけ、俺の基準が低いってことかな。

西川美和のファンだから、また次期待しよう。

UA 「TOUR 2016 HELLO HAPPY JAPONESIA」@日比谷野外大音楽堂

久しぶりのUAの野音。
晴れててよかった。日が暮れると涼しい風も。
今回はBブロックの真ん中あたりのけっこういい席。
近くのコンビニでビール買って持参。たぶん公園内のだと高いと思う。きっと。みてないけど。

生はいいね。

相変わらず会場内は子供は走ってるは、酔っ払いは奇声上げるは、曲中お構いなしに席を立つ人たち。。。
それが野音なのか。UAのライブなのか。ちょっと変わった雰囲気。

トイレ行くのが嫌なので、350mlと500mlの缶ビールを買ったが350mlだけにしておいた。

UAのダンスってかわいいよね。独特で。
途中、無限大ダンスとか踊らされたしw
ちょっと、宗教集会的MCもあったり、やっぱUAは独特だなぁ。

こないだ行った上野恩賜公園のミニライブをもっと増幅したような感じ。

UAのじっくり座って聴けるライブってあるなら、そういうの行きたい。
みんな集中して聴くライブ。

期待してた「愛を露に」を歌ってくれて、本当によかった。
いまUAの中で一番好きな曲。

UA。ありがとう!

UA トーク&アコースティックミニライブ@上野恩賜公園野外ステージ

久しぶりのUAのライブ。いつだったかの野音以来だ。

自由席だったので早めに行って席取ろうかとおもったが、チケットに整理番号があった。
整理番号順の入場なのね。。。1時間半も前に着いたのに。

15:40くらいから始まって、アンコールの一曲いれて17:00時まで。ミニライブとあるが、けっこう本格的。

ベビーカーを押した家族連れが多かった。席にもキッズコーナーとか席が確保されてる。。

飲食自由、ビールを飲んだ酔っ払いもチラホラ。席立つ人も多い。こどももそこいら中で走ったり、泣いたり、叫んでる。。。。
ゆる~いライブ。

しってたら、ビール持って行ったのに。

新曲2曲くらいもおひろめ。
アルバムは5月に発売されるらしい。

トークもなれたもの。そうういえば、高校生のときUAのFMラジオ聞いてたなぁ。。。。

トークの内容が衝撃だった。。。周りの観客もその話でザワザワ。。。
お産のあとに胎盤たべるはなし。
そんな文化があったんだねぇ。。。しらなんだ。
あとで調べてみると、ほ乳類(人間以外)では、ほとんど母親が食べてしまうらしい。
UAの場合は家族でお召し上がりになったそうだ、ミートスパゲティにしてw

こんなゆるゆるなライブははじめてだったけど、よかった!

こんどは6月の野音行く。チケットも購入済み。

これほどはゆるくないだろうけど、こんどはビール持参で行こかな。

電車の中のゲスぃ輩達

通勤電車でよく見かける輩達。。。なんでこういう感覚の持ち主が多いんだろう。。。

 座ろうかと思ったが、詰めようともしないゲス野郎二人↓




桜&東京タワー@御成門

客先の仕事場が東京タワー近くなので、昼休みの散歩がてら。





舞台NODA・MAP「逆鱗」@東京芸術劇場プレイハウス

久しぶりに野田さんの舞台にく。

東京芸術劇場はたしか、「セツアンの善人」で行ったことあるが、プレイハウスは初めてかも。




写真のとおり、千秋楽だったらしい。

「人魚」=「人間魚雷」とした内容。

最初はなかなかの前置きの長さで、はじめの方は何が言いたいのかよく分からなかったが、どんどんと引き込まれていく。

豪華メンバーで舞台のクオリティの高さ半端ない。

井上真央ちゃんが出てたのあとでしったw

中島みゆき、夜会「橋の下のアルカディア」トークイベント

みゆきさんの「夜会」のトークイベントに運良く当選したので、仕事帰りに渋谷まで行ってきた。





2回目の21時半から始まる会なので、平日だけど比較的余裕。

会場はHMV&BOOKSというところ。
確か初めて「夜会」に行ったときにこのビルにもともとあったマックに入ったことがある。

ここのお店は本の並べ方が独特でついつい見入ってしまう。
自転車関係なら雑誌や小説、トレーニング本、メンテナンス本、海外書籍などふつうならバラバラに陳列されがちだが一つの棚に収まっているので、次から次へ手にとってしまい、立ち読み時間が増えるw

没後10年?だかで、らもさんのエッセー集があったので購入。

こういったイベントに応募するのも、行くのも初めて。
ゲストは田家秀樹さん。
みゆきさんのインタビューをよくしてるひとだとか。たぶん雑誌で読んだことあると思う。聞き覚えはある。
ネットに載っていた写真とはちがって好感もてた。

はじめて劇場版を観にいくというひとはいないだろうってことで、ネタバレ話もあり。
なかなか楽しませてもらった。

けっこう盛り上がり、30分の予定が質疑応答あわせて1時間近くになった。

中島みゆきコンサート「一会」@東京国際フォーラム(2月8日、2月11日)

1月29日につづいて、2月8日(月)と11日(木、祝日)にみゆきさんのコンサートに行ってきた。1つのコンサートで3回も行くのは珍しいかも。

8日は平日だったので、法事とかなんとかいって会社を休んだ(^_^)v

1回目がかなり後ろの席だったので、どうしてももっと近くで観たくて、11日(千秋楽)のチケットはオークションで落札!だから、それなりにいい席だった。

それでも前から22列目。倍率8倍、口径32mmの望遠鏡でみてやっと5列目くらいの大きさになる。みゆきさんの表情がバッチシみえて、めちゃよかった。

生のみゆきさんをアップでみながら、歌聴いてると、幸せな気分になって、すべて浄化される。。。(でもいつかは最前列でみたい!)

今回のコンサートはいままでと少し違ったような感じ。
歌についての直接的なコメントがあったり、アンコールではいままで観客は立ち上がっていたけど、今回はそういうのもなかった。あえてそうしたかったのかも。

コンサートでは楽しく、メッセージ性は控えめに、
「夜会」はメッセージ性たっぷり、みたいな棲み分け的な感じがあったけど、少しずつ変わっていくのかも。

ライカM4」は前のブログでもかいたが、それ以外でも「ピアニシモ」の紹介ではCDとかで必ず登場するDAD、川上源一さん(当時のYAMAHAの社長)のエピソードがあった。

20年前に発表された「阿檀の木の下で」が今になって妙に社会にコミットしてるはなしとか。(沖縄は自民党の密約で誰も知らないうちに「貢がれた」ことが最近になって公に)

第2部の最初の曲「ベッドルーム」では斜めになった鉄骨が舞台の真ん前に上がってた。あれは、どういう意味なんだろう?もしかしたら固く閉め切った「鎧戸」を表しているのだろうか?


今回はツアーではないので地方からの観客が多いのか、21時を過ぎたくらいで席を立って帰る人がチラホラ。。。俺よりもずっと前列のいい席にもかかわらず。。。世の中、理不尽だ(^^;)

途中で席を立つなんて、アーティストの皆さんにもとても失礼なことだし、観てる観客にとっても、とても迷惑だ。

ファンであろうと、なかろうと、途中で席を立つ計画で観に来るのはお願いだから辞めてほしい。

2月8日はカメラが回っていた。ので、DVDやBDで販売されることを祈る。
(TBSがスポンサーだからどこかで放送されるかも)