Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)でIfranViewがうまく動かなくなったバッチ処理の対応方法

Posted by admin on 2018年7月15日 in TIPS |
Windows 10 April 2018 Update バージョン1803(以下、バージョン1803)を昨日インストールしてから 以前まで動いていたIrfanViewのバッチ処理が動かなくなった。
#バージョン1803が原因だというのは、インストール前後でこのバッチ処理以外なにもしてないからだ。

バージョン1803で影響を受けたバッチは、以下
C:\app\iview451_x64\i_view64.exe *.jpg  /resize=(750,) /aspectratio 
/resample /convert=thumbnail\$N_W750.jpg

カレントフォルダにあるJPEGファイル(拡張子が.jpg)の最大サイズを750pixにし、比率を保ったままリサイズしてサムネール用のフォルダに保存するというもの。

Windowsのアップデートで影響なさそうなものだが、実行するとエラーも出力されず、どんなJPEGファイルも1×1pixの画像ファイルが出力されてしまう。

原因は分からないが、resizeの指定を以下のように変えれば今まで通りリサイズできる。
C:\app\iview451_x64\i_view64.exe *.jpg  /resize=(750,750) /aspectratio 
/resample /convert=thumbnail\$N_W750.jpg


もともとの指定が間違っていたのかもしれないが、OSをアップデートして影響があるとは思えないのだが、、、

Comments are closed. Would you like to contact the author directly?

Copyright © 2013-2018 ソフトウェアをめぐる冒険 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.2, from BuyNowShop.com.