自転車関連グッズのレビュー、使用方法、お気に入りグッズなど紹介しています。

購入前に

SGX-CN710の購入前に気をつけておきたいところ


ポタナビSGX-CN710を購入する際に、気をつけて置きたいところをピックアップしました。
買ってから後悔しないように、参考にしていただければと思います。


  • 2年後から通信回線料が掛かります

  • 購入後2年間はNTTドコモの通信回線が無料でついてきますが、その後は月々約300円~400円の通信料が発生するようです。

    パイオニアのサイトにもありますが、支払い方法(月払い/年払い)、はっきりした料金は未定とのことです。

    ポタナビはこの通信回線を大前提にデザインされているので、2年後に通信料金を支払わなければ、ほぼ使い物にならなくなるといういことです。


  • オフラインでは、単なるサイクルコンピュータ

  • オフラインではルートの設定もできないし、ログも記録もできません。本体単体でのルート探索も通信回線なしでは出来ません。もちろんフレンズポイントモードも使用できません。

    PCとUSB経由でルート設定やログの取得など出来そうな感じもしますが、本体のUSB端子は充電専用なのです。

    ですので、2年後に通信回線の契約を更新しなければ、SGX-CN710を特徴づける機能は全くなくなって、ごく普通のサイクルコンピュータになっていまいます。

    近い将来、毎月数百円の固定費を掛けてもポタナビを選択するか、使用頻度なども十分考慮して検討したいところです。


  • ナビ案内はポイントライン表示

  • 交差点では自分で右折するか、左折するか、直進するかなど自分で判断します。ルートは地図上に表示されていて、目的地の方角も分かるのでポタリングではあまり問題にならないかと思いますが、カーナビのようにルート誘導はしてくれないので、購入前には知っておきたいところです。



「ポタナビ」の口コミや価格、さらに詳しい内容は下記リンクからご覧いただけます↓↓↓

Pioneer ポタナビ サイクルナビゲーション SGX-CN710-K SGX-CN710-W