自転車関連グッズのレビュー、使用方法、お気に入りグッズなど紹介しています。

購入前に

SGX-CN700を購入前に気をつけておきたいところ


ポタナビSGX-CN700を購入する際に、気をつけて置きたいところをピックアップしました。
買ってから後悔しないように、参考にしていただければと思います。


  • 2年後から通信回線料が掛かります

  • 購入後2年間はNTTドコモの通信回線が無料でついてきますが、その後は月々約300円~400円の通信料が発生するようです。

    パイオニアのサイトにもありますが、支払い方法(月払い/年払い)、はっきりした料金は未定とのことです。

    ポタナビはこの通信回線を大前提にデザインされているので、2年後に通信料金を支払わなければ、ほぼ使い物にならなくなるといういことです。

    オフラインではルートの設定もできないし、ログも記録できません。本体でのルート探索がソフトウェアアップデートにより機能追加されましたが、これも通信回線なしではできません。

    PCとUSB経由でルート設定やログの取得など出来そうなのですが、本体のUSB端子は充電専用なのです。


  • ナビ案内はポイントライン表示

  • 交差点では自分で右折するか、左折するか、直進するかなど自分で判断します。ルートは地図上に表示されていて、目的地の方角も分かるのでポタリングではあまり問題にならないかと思いますが、カーナビのようにルート誘導はしてくれないので、購入前には知っておきたいところです。



ポタナビのさらに詳しい仕様、価格などは下の画像リンクから

Pioneer(パイオニア)PotterNavi SGX CN700ポタナビ SGX CN700サイクルコンピューター ブラック【日本正規品】【自転車】【ロード】【マウンテン】【コミューター】【after20130308】