自転車関連グッズのレビュー、使用方法、お気に入りグッズなど紹介しています。

SONY 「nav-u NV-U37」

NV-U37を購入する前に気をつけておきたいところ


ソニーnv-u NV-U37を購入する際に、気をつけて置きたいところを纏めてみました。
買ってから後悔しないように、参考にしていただければと思います。


  • 自転車用クルードルは付属しない

  • 自転車用のクルードル(自転車に本体を装着する器具)は付属しないので、購入時には一緒に購入することをおすすめします。
    ソニー純正以外のものも出ているので、検討してみては如何でしょうか。


  • ルートのインポート、GPSログの取得には別売りメモリースティックが必要

  • ルートファイル(KML/GPXファイル)やGPSログ(走行軌跡)は何故かUSBケーブルで転送できないようです。ソニーが提供しているサイト「PetaMap」のガイドブックやスポットはUSBケーブルを使った転送ができるのに、まったく不思議な仕様です。

    サイクリングなどの走行軌跡をブログに載せたり、後からみて楽しみたい方は、購入時にメモリースティックを一緒に購入しておきたいところですね。


  • インポートしたルートはナビ案内できない

  • ルート探索により作成したルートはナビ案内ができますが、外部のルート作成ツールで作成したルート(KML/GPXファイル)はルートを地図上に表示するのみで、案内はできません。

    この仕様は他の自転車ナビでも多くみられますが、現在地と目的地を結ぶ線分表示されないので更に制限が掛かった仕様といえます。

    ナビ本体でルート探索できるので問題ないと言えば問題ないのですが、せっかくつくったルートはどの自転車ナビでも使用できるようにしてもらいたいものです。GARMINのように。。。


  • サイクルコンピュータ機能はあくまでサイクリング用

  • nav-u NV-U37ではサイクルコンピュータの機能があり、速度、距離など様々な値を画面上に表示できますが、これはGPSの計測値から算出した値になるので、タイムラグがあったり、精度面ではいわゆるサイクルコンピュータ専用機などで計測されている値より劣ります。

    またケイデンスやパワーメータなどは測定できないので、本格的なトレーニングやレースなどでは不向きといえるでしょう。
    本格的なトレーニングなどで使用したい場合は、別途サイクルコンピュータを購入するか、パイオニアの「ポタナビ」などを検討されるとよいでしょう。

    とはいえ、サイクリングを楽しむ分では十分過ぎる機能なので、用途、目的に応じて他の自転車ナビを検討されるとよいかと思います。



nv-u NV-U37のさらに詳しい情報は下の画像リンクから↓↓↓

【新品・送料無料】SONY NV-U37 W NVU37 W [ホワイト]






NV-U37は旧モデル(NV-U35)と何が違うのか?


新しくなったソニーnav-u NV-U37は旧モデルNV-U35と比較して、どのような点が変わったのでしょうか?
ポイントを紹介したいと思います。

  • 連続使用時間

  • バッテリーのもちが良くなっています。ノーマルモードで約1時間、スタミナモードで約3時間延びています。

    スタミナモードは案内時と操作時にも画面がオンになるモードで、スーパースタミナモードは操作時のみ画面がオンになるモードです。

    ポタリングなどでは常時画面がオンのほうが都合がよいと思いますが、音声案内があるので必要時だけ画面にタッチすれば、ツーリングなどではスーパースタミナモードで十分ではないでしょうか
    モード NV-U35(旧モデル) NV-U37
    ノーマル 約4時間 約5時間
    スタミナ 約6時間 約9時間
    スーパースタミナ 約11時間 約11時間




  • 最新版の地図が無料ダウンロード可能

  • NV-U35では2009年版の地図を使用していましたが、NV-U37では2010年版に更新されています。

    また、2013年3月末までに購入すると最新版(2012年版)の地図を無料でダウンロードできるので、購入を検討されている方は見逃したくないところです。



  • 標高グラフ表示

  • ルート探索時や案内時に標高がグラフ表示できるようになりました。坂道をなるべく避けたい場合の探索やヒルクライムなどで便利そうです。


nv-u NV-U37のさらに詳しい情報は下の画像リンクから↓↓↓

【新品・送料無料】SONY NV-U37 W NVU37 W [ホワイト]