自転車関連グッズのレビュー、使用方法、お気に入りグッズなど紹介しています。

GIANT ESCAPE R3 グリップ

GIANT ESCAPE R3 自分でグリップ交換してみました。


GIANT ESCAPE R3を購入して約3年。
前回、ショップでグリップを交換してから約1年半。予定通り?またグリップが溶けて、ベタベタしてきたので今回は自分で交換しました。

前回と同じグリップに購入しました。(実は、お気に入り)

herrmans (ヘルマンズ) D25B DIAMOND ダイヤモンド グリップ



ちなみに、交換前の紫外線で崩れ出したグリップはこちら(ツルツルになって、握ると消しゴムのカスのようなものがつくw)





作業は、こんな感じです。

1.劣化した現在のグリップをカッターナイフで縦にすぱっと、切る。

2.新しいグリップの長さをハンドルに合わせて、短く切る。(そのままの長さだとシフターが邪魔ではまらないので)

3.新しいグリップを取り出し、グリップ内側面に石鹸水を軽く塗る。(こうしないと、うまくはめ込めなかったため)

4.グリップをはめ込む。


ポイントは3の石鹸水です。(前回、ショップで交換してもらった時には機械でバシバシとはめ込んでいました。)







GIANT ESCAPE R3 ハンドルのグリップは消耗品です。


GIANT ESCAPE R3を購入して、約1年半。

ハンドルのグリップが溶けて、手がベタベタするようになりました。

自転車ショップの店員さん曰く、

グリップは紫外線によって劣化し、樹脂が崩れ出します。
グリップは消耗品です。

僕の場合は、マンションの駐輪場が屋内で、通勤で使用する駐輪場が屋外なので、交換時期は使用状況によってかなりかわってくると思います。(紫外線を避けるように使用すれば長持ちしますが、必ずしも、そんなことできないですね。)

自転車の色がグリーンなので、熱帯昆虫をイメージしてオレンジが入ったグリップに交換してもらいました。

お店にもよるとおもいますが、工賃500円程度です。

次回(おそらく、1年半後)は、自分で交換するつもりで店員の作業工程を具にみていました。

こんな感じです。

1.劣化した現在のグリップをカッターナイフで縦にすぱっと、切る。

2.新しいグリップの長さをハンドルに合わせて、短く切る。(そのままの長さだとシフターが邪魔ではまらないので)

3.機械をつかって、バチバチ(そんな音がしてました)と、はめ込む。(専用の?はめ込む機械があるのには驚き)


3.は、機械がないので、個人ではめ込むには、工夫が要りそうです。


herrmans (ヘルマンズ) D25B DIAMOND ダイヤモンド グリップ

価格:945円
(2013/3/18 21:23時点)