自転車関連グッズのレビュー、使用方法、お気に入りグッズなど紹介しています。

前モデル(CN-MC01)からの改良点

CN-MC02(新モデル)とCN-MC01(旧モデル)の比較


新しくなったサイクルGorilla CN-MC02は旧モデルCN-MC01と比較して、どのような点が変わったのでしょうか?
ポイントを紹介します。

  • 地図が2010年版→2012年版に更新

  • 旧モデル(CN-MC01)は2010年版が使用されていましたが、新モデル(CN-MC02)では2012年版を採用しています。
    綺麗な地図で定評のあるゼンリンの地図を使用しているのは変わらないですね。Googleマップでも採用されているおなじみの地図ですね。



  • 連続使用時間が4時間→6時間にアップ(最大22時間半)

  • 通常使用(ノーマルモード)で約6時間連続使用可能になりました。

    自転車で使用する場合はずっと画面をみているわけではないので(逆に、ずっとみてると危険なので)、省電力モードで使用することが多いと思います。省電力モードは画面を見たいときだけ画面にタッチして表示するモードで約9時間使用できます。

    さらに、GPSログを記録しないモードでは約22時間30分使用できます。これだけバッテリーのもちがあれば、超ロングライドもできそうです。

    ちなみに、前製品のアンケートで一番要望が多かったのは「電池の保ち」だったそうです。ユーザからのフィードバックがちゃんとされていて好感がもてますね。



  • エンジョイライド

  • Googleマップやルートラボなど外部ツールで作成したルートをインポートして、画面に描画することができます。これは旧モデルにもある機能ですが、走行中に目的地までの距離や方向、ルートから外れた場合に戻る方向を表示してくれるようになりました。これを「エンジョイライド」と呼んでいるようです。

    また、あらかじめ全国41のサイクリングコースが登録されました。

サイクルゴリラのさらに詳しい情報は下の画像リンクから↓↓↓

自転車をもっと自由に快適に楽しもう。サイクルゴリラ新登場 パナソニック CN-MC02L