自転車関連グッズのレビュー、使用方法、お気に入りグッズなど紹介しています。

購入前に

CN-MC02を購入する前に気をつけておきたいところ


サイクルGorillaCN-MC02を購入する際に、気をつけて置きたいところを纏めてみました。
買ってから後悔しないように、参考にしていただければと思います。


  • インポートしたファイル(KML)のナビ案内はできない

  • ルート探索したルートはルート誘導しますが、外部ツールなどで作成しインポートしたルートは画面上に表示するだけで、いわゆるカーナビのように、左折せよとか、右折せよとか、道なりにとかの案内はしてくれません。

    ただ、ポイントライン表示といわれている現在地と目的地を直線で結んだ線分やコースに戻る方向を地図上に表示してくれますので、ポタリングなどでは寧ろこちらのほうが便利かもしれませんね。
     
    これはあらかじめ登録されているサイクリングコースについても同様です。


  • サイクルコンピュータ機能はあくまでサイクリング用

  • サイクルGorillaではサイクルコンピュータの機能があり、速度、距離など様々な値を画面上に表示できますが、これはGPSの計測値から算出した値になるので、タイムラグがあったり、精度面ではいわゆるサイクルコンピュータ専用機などで計測されている値より劣ります。

    またケイデンスやパワーメータなどは測定できないので、本格的なトレーニングやレースなどでは不向きといえるでしょう。
    本格的なトレーニングなどで使用したい場合は、別途サイクルコンピュータを購入するか、「ポタナビ」などを検討されるとよいでしょう。

    とはいえ、サイクリングを楽しむ分では十分過ぎる機能なので、用途、目的に応じて他の自転車ナビを検討されるとよいかと思います。



サイクルGorillaのさらに詳しい仕様、価格などは下の画像リンクから

Panasonicパナソニック サイクルゴリラ CN-MC02D SSDポータブルナビゲーション