自転車関連グッズのレビュー、使用方法、お気に入りグッズなど紹介しています。

特徴

ordina S8cbの特徴


ブリヂストンサイクルのスポーツバイク、ordina S8cbの特徴をまとめてみました。一般的なスポーツバイクとの比較を交えて紹介していますので参考にして頂ければと思います。


  • ベルトドライブ

  • やはり、S8cbを一番を特徴づけているものはベルトドライブといえます。
    ベルトドライブを端的に言えば、「金属製のチェーンのかわりにベルトを使った方式」です。
     
    金属製のチェーンではサビ防止等で定期的な注油をする必要がありましたが、ベルトドライブでは注油が不要です。注油せずに快適走行が維持できるというのは、ベルトドライブの大きな利点の一つです。

    ベルトドライブの2つ目の利点は、軽量化です。スポーツバイクに乗ったことがない方にはあまりピンと来ないかもしれませんが、速く快適に走ることを考えたとき、軽量化のメリットは絶大です。
     
    もう一つの利点は、汚れないということです。 スポーツバイクは速く走ることに重きを置いているので、軽量化のため、極力余計なものは付属していません。そして、大抵のスポーツバイクはチェーンがむき出しになっています。(チェーンカバーがありません。) S8cbも他のスポーツバイクと同じようにチェーンカバーはありませんが、前述のとおり注油の必要がないので裾がチェーンに触れて汚れるようなことがありません。

    ここまでが、一般的なベルトドライブの特徴となります。

    ordina S8cbのベルトドライブについて言えば、ベルトに「カーボンベルト」を採用していることです。ブリヂストンが開発した「カーボンベルト」はベルトの心線にカーボンを使用することにより、従来のベルトであった力のロスを抑え、チェーンと比べても遜色のない伝導効率を実現しているようです。

    従来のベルトでは金属のチェーンと比較して剛性に劣り、力が加わると伸縮し、伝導効率の点で不利があると言われてきました。このカーボンベルトの開発により、ベルトドライブの不利な部分を克服したといっていいでしょう。
     


  • 内装変速機

  • 写真の後輪軸をみるとわかるように、まるでピストバイクのようにおしゃれで、すっきりしたデザインになっています。

    他のスポーツバイクでは、ギアはむき出しにになってゴチャゴチャしていますが、S8cbの場合はスポーツバイクには珍しく、内装変速機を採用していて、ギアが後輪軸(ハブ)の中にすっぽり収まっています。

    これは、他のordinaにも現在のところ採用されておらず、S8cbのみの特徴です。

    この内装変速機は見た目が良いだけでなく、実は大きなメリットがあります。
    通常の変速機(ギアがむき出しの変速機)が装着されたスポーツバイクに乗っていて、一番困るのはチェーンが外れたときです。

    いわゆるママチャリなどのシティーサイクルは変速機はほとんどが内装式なのでチェーンが外れることは滅多にないのですが、スポーツバイクはよく外れます。

    もちろん、普通に乗っているときに外れることはほとんどないのですが、駐輪場などに置いていて、あやまって倒した時です。とくに進行方向右側(ギアがある側)に倒すと、思いのほか簡単にチェーンが外れてしまいます。

    チェーンが外れるととても厄介です。チェーンをギアに通すのは慣れている人でも、直し終わった後はたいてい手が油だらけに汚れてしまいます(;_;) 初心者なら恐らくチェーンを戻すだけでに四苦八苦するでしょう。。。
    風の強い日は停めてある駐輪場に戻ってきた時など、自転車が倒れてないか、チェーンが外れてはしないか、よくハラハラしたものです。

    ordina S8cbの場合は、そういったことがないので安心です。しかも、この内装式変速機はシマノ製です。いわゆる「自転車乗り」の世界では、国内外問わず優れたブランドとして有名で、ブリジストンのカーボンベルトとの組み合わせは最強といってもいいでしょう。(ちなみにシマノは釣り道具などでも有名な会社です。)




  • その他の特徴

  • その他の特徴としては、握りやすい「エルゴノミックハンドルグリップ」とかリムハイトが若干高いホイールとか、雨の日にもスピード走行を犠牲にしない水はけのよいタイヤなど、カタログ的にはあります。

    でもやはり、S8cbの主要な特徴は最初の2つ。「ベルトドライブ」と「内装変速機」に尽きると思います。


ordina S8cbの口コミや価格、詳細なスペックは下記リンクからご覧いただけます