CN-MC02L/CN-MC02Dの特徴は?

Panasonic「サイクルGorillaCN-MC02L/CN-MC02D0」はどのような特徴があるのか?他の自転車ナビとの比較などもあわせてまとめてみました。


  • 大画面
  • 4.3インチというのはサイクルナビとしてはかなり大きいです。SONYのnav-uが3.5インチ、Pioneerのポタナビが2.5インチですので、別格に大きいのが分かるとおもいます。自転車に乗っているときは特に大画面のほうが見やすくていいですね。見やすいだけでなく、自転車専用のクルードルも付属しているので、安心して装着走行できます。



  • フルナビ機能
  • 自転車のナビゲーションでよくあるのは現在地を地図上に表示して、現在地から目的地の方角を示すものが多かったのですが、サイクルGorillaではカーナビと同等のナビゲーションシステムを備えています。交差点に近づくとまっすぐか、左折か、右折かなどグラフィカルに表示してくれます。また、音声での案内も対応しているので、安全面でもよさそうです。



  • 連続使用時間
  • 通常使用で約6時間、省電力モード時は約9時間もちます。省電力は「10秒間無操作で画面OFF、画面タッチで復帰するモード」で走行ログも残せるので、おそらく自転車で使用するには十分ですね。



  • ルート作成
  • カーナビと同様、本体のみでルート作成できます。ルートラボや外部のツールで作成したルートなどがインポートできるものうれしいですね。



  • ログ記録
  • 自分で走った記録を地図上でみれるのは楽しいですね。サイクルGorillaは約90日間の走行ログが記録できるので十分ですね。SDメモリーカード(別売り)を購入すれば、600日間保存できるようです。多分、使い切らないと思います。



  • サイクルコンピュータ
  • サイクルGorillaはサイクルコンピュータとしての機能も備えています。速度、走行距離、走行時間、消費カロリーなど数多くの測定値を画面上に表示することができます。サイクリングには十分な機能ですね。





「サイクルGorilla CN-MC02L/CN-MC02D」についてのさらに詳しい内容はは下の画像リンクからご覧にいただけます。

Comments are closed.