【2021年3月23日(火)】後遺障害診断書の作成を依頼しに病院へ。

示談の前だと後遺障害診断書の費用は保険会社が支払うということだったので、病院へ依頼しに行く。
相変わらずこの病院の対応は段取りが悪く、コミュニケーションも粗雑だ。

診断書がいつできるか先生に聞くとかいうから、ずっと待ってても反応がないので、
受付へ行って聞くと、診断書の作成前に診察が必要とのこと。
それはそれで、いいがそれなら、そうと言ってくれ。

結局、病院へ行ってから出るまで3時間掛った。どこの病院も待たされることが多いが、ここの病院は特に長い。知ってればこんな時間の掛かる病院、行かなかったが途中で病院を変えるわけにもいかない。

首を曲げたときに痛みがあるのと、顔の傷を記入してもらう。
先日、弁護士に無料相談したときに軽度なので恐らく認定されないということだったが、こちらとしては、申請しないわけにはいかない。

顔の傷についていったとき、医者に鼻で笑われた。「こんな軽い傷、本当に申請するの?」的な笑いだ。
なんだ、こいつ。。。

時間の無駄と言われるかもしれないが、それが被害者の心情だ。
何の落ち度もなく、加害者が引き起こした交通事故により、痛みや傷が残り、もう事故前の状態に戻らないことに対して、補なわれるべきものがゼロということに対しての怒り。
駄目押しで、この医者の笑いだ。。。

診断書は1週間くらい掛かるとのこと。
作成されてるか確認してから受け取りに来てほしいと。。。診断書代1万1千円もとっておいて、電話ぐらいして来いやと、言いそうになった。

レントゲンを再度撮ったりで、診察料6千円以上。
保険が効かないので高い。

金ばっかり掛かる。
戻るお金でも、結局半年くらい待たされるのでキツイ。

Comments are closed.