RE^2:千葉 素掘りトンネル巡り

前々回(2019年9月)はうぐいすラインの通行止め、前回(2020年5月)は2つ目のトンネルに行く手前が土砂崩れで通行止めだったため、折り返し帰宅した。今日はその再々リベンジ。

前回の通行止め区間は解消されておらず、かなり激坂の細い林道を通って迂回する。


素掘りトンネルといっても岩肌が露出したままになってるトンネルは少ない。大抵は壁面が鉄板などでおおわれている。一番、印象に残ったのは岩肌が露出されて2つのトンネルが連続している「台山1号・2号トンネル(双子トンネル」だ。前日の大雨でトンネル内は水浸しで、上からも雨水がポタポタと落ちる状態だったが、2つのトンネル間の日差しとそれに反射する木々や苔の緑が幻想的だった。




 左:柿木第一トンネル(前回はこのトンネルだけで折り返した)
 右:永昌寺トンネル

 
 台山1号・2号トンネル(双子トンネル)

 
 小湊鉄道@上総大久保近く

 
 市原市戸面の無名トンネル



GARMINのナビは道路が分岐していなくてもカーブごとにナビ案内が表示され、経路表示を隠してしまう。そのせいもあって、何回も道を間違える羽目になった。Edge705を10年以上使用しているが最新のGARMINは改善されたのだろうか?地図も10年以上も前の道路だからナビ上は道のないところを進むこともしょっちゅうだ。壊れるまで使い続けるつもりでいたが、Edge830が欲しくなってきた。

そんなこともあって、Garmin Connectで予め作成したコースは一部ショートカットされ予定していたいくつかのトンネルは廻っていない。
「柿木台第二トンネル」、「共栄・向山トンネル」、「林道月崎1号線突き当たり」のトンネルだが「共栄・向山トンネル」は有名なトンネルなので次回の機会にはぜひ行ってみたい。

あとルートを引く場合に注意しないといけないのは未舗装道路を避けるということだ。突然未舗装道路が何キロも続き困惑した。ロードバイクで未舗装道路はハンドリングも難しいし、なによりパンクのリスクが大きい。残念ながらGoogleマップは未舗装を区別するものがない。なのでストリートビューをみてチェックするしかない。

 以下の区間が未舗装だった。。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://happyhiro.com/wp4bike/long_ride/re-around-chiba-subori-tunnel.html/trackback