JSPORTS「検証!第100回ツール・ド・フランス」を視て ~ドーピングって~

JSPORTSのサイトをみるとレースの放送予定が掲載されていた。
そろそろサイクリングロードレースのシーズンだ!

オフ・シーズン中に選手の名前がおぼつかなくなるのは、オレだけだろうか(^_^;)


予定表をみると2月からツアー・ダウンアンダーが始まる。
例年通り、生放送じゃないし、30分のサマリーだし、やっぱり加入は3月からかな。
(生放送じゃないのはともかく、30分にサマったのって、かなり興ざめだとおもふ)

やっぱ、生でフルじゃないと。


今年はツール・ド・フランスが100回目になるらしい。
JSPORTSで「検証!第100回ツール・ド・フランス」と題して特番が組まれ、無料放送していた。
何回放送するんじゃ、というくらい放送している。いまも。
(レコーダーの調子が悪くて3回も録画に失敗してしまったので、救われたのだが。。。)

おめでたい100回だけど、触れないとかなり不自然になってしまう例の事案を時間をかけて取り上げていた。
そう、ツール7連覇?を果たしたランス・アームストロングのドーピングについて。
昨日、本人がドーピングを告白したというニュースが流れていたので、いまでは完全に連覇は抹消されたのだが。

個人的にはかなりショッキングだった。
だって、ヒーロー的存在だったから。

あれは何だったんだろうって。「台無しじゃないか!」と。


番組には土井選手も出ていて、ドーピング対策の苦労が滲み出ていた。
普通に生活していたら、プロ選手はドーピングにひっかかってしまうらしい。
市販の風邪薬がNGで、GPSで居場所がチェックされて、抜き打ち検査もあるんじゃ、ちょっと厳しすぎるんじゃないかと素人目には思ってしまうけど。
そういう苦労がドーピングした選手のせいで、レース全体の信用がなくなるんだよね。哀しい哉。


でも、これ書いていて思ったけど
かつてドーピングした選手で好きな選手って多いな。。。
コンタドール、バッソ、ロドリゲス、、、なんで許せてるんだろう(^_^;)

なんだか分かんなくなってきたぞ。。。。


≪追記≫ YouTubeにドーピングをフォーカスした未公開映像が公開されていた。
「検証!第100回ツール・ド・フランス①歴史とドーピング問題未公開」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://happyhiro.com/wp4bike/cycle_road_race/about_doping.html/trackback