ルートラボがもうすぐサービスが終わるので自前でGPX地図貼り付け用サイトを作成

来年3月(2020年3月)にブログでよく愛用していたルートラボのサービスが終了してしまうので、GPXファイルを地図に貼り付けるサイトを作成した。

Googleマップでも同様のことが出来るのだが、Googleにログインして、地図作成して、自宅近くが分からないようにGPXファイルを編集して、編集したGPXファイルをアップロードして、公開設定して、シェアしたURLをコピペして。。。とか、けっこう面倒くさい。

GPXをアップロードすると
・自宅近くのプロットを自動で削除
・10mメッシュの標高データを使用して標高値を変換(GPXログは標高値の誤差が大きいので。。。)

あとはファイル名とタイトルを指定して貼り付けるだけ。
地図は国土地理院地図とGoogleマップを切り替えられるようにた。


ちなみに同じデータをGoogleマップに貼り付けたものは以下。


GIANT ESCAPE R3 ブレーキシュー交換

ブレーキが前後共効かなくなったのでメンテ。

リアはまだそんなに擦り減ってなかったので、ワイヤーを引っ張って調整。
フロントはペラッペラ↓になっていたので交換。替え置きがあってよかった。




また、替え置きしておこう!

武田産業株式会社 カラーVブレーキシュー/YE(VB-620-1)
ヨドバシで377円だった



しかし、こんな簡単な作業をショップに持っていくと、シューがちょっと減っていたらワイヤー引っ張って調整とかしなく即交換。あと、少しワイヤーがバラけてたらワイヤーも交換とかいって。。。5,6千円ぼったくられるからね。

自分でやれることは自分でしないと、どんどんお金が出ていくから。

うぐいすライン 迂回路復旧

台風直後に行ったときは倒木で至るところで通行止めになっていたが、今回は様子見も兼ねてうぐいすラインの最短迂回路を走ってきた。

前回は道が見えなくなるくらいに倒木が道路に覆いかぶさっていた。

復旧前



今回は、倒木が撤去され、通れるようになっていた。

復旧後



とりあえずは、うぐいすラインの最短経路の迂回路は復旧した。
ただ、頭上を横切るように倒れかかって電線に引っかかったままの木々が何本かあったので通行するには注意が必要。

森の中をみると、殆どがなぎ倒されてしまってるのがよく分かる。





とはいえ、去年から続いている土砂崩れによる通行止めは、未だ復旧見込みが立っていないので、うぐいすラインのワインディングは当分期待できないというか、復旧することはもうないかもしれない。残念だが。。。

連休は雨らしいので、、、

明日からの三連休は雨らしいので、今のうちに乗っておく。

いつものコースから少し外れて、印旛沼、佐倉の風車に行く。

いつのまにか空が高くなった。秋だな。









素掘り二階トンネル(向山トンネル)に行く予定だったが、台風の影響でそこかしこが通行止め。。。

3連休の最後の月曜日は雨予報だったので、1日シフトして3連休にした。

初めて行く場所だったので、久しぶりにルートをちゃんと作成してサイコンに転送して、ツーリングに出掛けた。

目的地は、素掘りの二階トンネルで有名な向山トンネル。そして、帰り道に大多喜駅に立ち寄るコースで約130kmくらい。

うぐいすラインはかなり前から崖崩れで一部通行止めになっていて、いまだ復旧の目処がたっていない状況なので、迂回路を行く。

が、先日の台風の影響で道に木が倒れていた。




自転車だから、担いで乗り越えれば行けるかもと思ったが。。。
無理そうだ。。。先が見えないくらい倒木だらけだった。





大幅に来た道を戻り、別の迂回路で行くもそこも倒木で通行止め。撤去作業中だった。

迂回路も相当大回りして、なんとか、うぐいすラインの終着点であるコンビニ(7イレブン市原原田店)に到着するも営業していなかった。。。




どうやら停電の影響らしい。コンビニ前の交差点の信号も消えているし。
補給を諦め、一路、養老渓谷方面へ向かう。

こんどは養老渓谷で崖崩れ。通行止め。



結局、ここで向山トンネルへ行くのは諦めた。

せっかくここまで来たので、来る途中に「チバニアン」の看板があったのを思い出す。例の地磁気逆転の地層がある場所だ。

チバニアンの駐車場。お店とかあったが営業はしておらず。駐車場に車はなく、人っ子一人いなかった。。。平日だからか?



川辺にその地層がある。
ビンディングシューズで滑りやすい崖のようなところを降り、その場所にたどり着く。駐車場から5分程度のところ。



その後は、いつもの「うぐいすラインコース」に戻る。

やはり、台風の爪痕は大きいようだ。道のりでは救急車や自衛隊などの車両が多く、充電場所なども設置されているようだ。
いつもつかっている「うぐいすラインコース」の長柄ダム近くでもまた倒木で車両通行止めになっていた。




自転車は倒木の下をくぐり抜けて通過することができたが。大きい自動車だと無理かもしれない。